参加されている方の感想

2015-05-27

 

「当事者研究をすることで、一見マイナスのように見えるフラッシュバックや

病気の症状にもプラスの面があるとわかってきた」

「いつも不安でしょうがなかったけど、仲間といると不安なことが安心だと

思えるようになってきた」

「当事者の家族として参加し始めたけれど、今は自分の苦労を研究しています。

ずいぶん『いい加減』になりました」

「病気さんとのつながりが仲間とのつながりになった」

「もやもやした悩みを言葉にすることでそれが何なのかわかって、対処法を

立てられるようになった」

「家族がお互いの苦労を背負い込む関係から、相談し合う関係になった」